« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

入院生活 11日目 31w6d

妊婦検診を受けました。

   

久々に部屋から出て、

二階から一階の診察室まで歩きました。

こんなに歩いたのは久々〜。

   

下界の空気…

気付けば、周りの患者さんは春らしい服装。

私は頭もっさり…

スッピンパジャマに点滴…

見るからに痛々しい

(p_-)

   

さて、検診ですが、

赤ちゃんは元気です。

エコーでは、前回に引き続き、今回も真っ正面。

下から写ってるのでよくわからないんですが、

唇が厚めのような…

   

夫は薄いので、私似なのか…

夫が写真を見て、

夫 「唇厚っsign03

と、言うので

私 「和製アンジー目指してるんだよ。」

とちゃんとフォローしておきました。

   

体重は、1800グラムちょい。

いい感じです。

ただ私の場合は切迫なので

少しでも大きくなってほしいな〜と言う思いです。

   

子宮口も閉じてるので一安心です。

そして、お腹の張りも無いわけではないのですが、

夜から点滴のウテメリンが2Aから1Aに減りました。

   

張返しが心配ですが、

検診の結果が良かったので一安心です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

体重管理

とある日の、病院での夕食。

   

この日のメニューは、ハンバーグがメイン。

でもハンバーグを見てビックリ(@_@)

ちっちゃ

   

カロリーを考えるとこの大きさなんですね…

びっくりドンキーに行ってる場合じゃないんですね…

   

でも、ホントに感心するのが、

三食食べて、寝たきりなのに体重がほとんど増えない。

   

今までよりキッチリ食べてるんですが…

   

おかげで、増え続けてた体重もここにきて落ち着き、

9ヶ月でプラス9キロ。

なんとかプラス10キロコースでいけそうな気配。

   

やっぱりプロは違いますね〜。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

入院生活 8日目 31w3d

またまた朝の回診で衝撃的な事実が発覚しました

(--;)

   

貧血検査の結果…

貧血が改善されてないとのこと…

   

毎日、鉄の注射に、鉄材の内服してるのに…

   

そして、後考えられることとしては、

私がちゃんとご飯をたべているかどうか。

   

確かに3日目の夕食に4日目の朝食は食べられなかったけど、

それ以外は極力食べてたのに…

   

と言うことで、今度は食べた物を書き出すように言われました…

(=_=;)

なぜこんなに色々問題があるのか…

悲しくなります…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

入院生活 7日目 31w2d

いよいよ入院生活も一週間。   

すっかり退院のタイミングを逃しました…

   

そして、朝の回診で今後の方針が伝えられ ました。

   

先生 「お腹の張りがなかなか治まらないから、

このまま34週まで入院で行こうね。」

と、言われました…

   

ここの個人病院は35週からなら出産しても平気なのと、

子宮口が開いてないからだと思います。

   

まだまだ31週。

先は長いです(/_;)

でも、とりあえず耐える期間の終わりが見え、

すっきりした感じもあります。

   

このまま家に帰っても不安もあるし…

病院に居ればとりあえず安心かな…

と、考え、乗り切りたいと思うことにしました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

入院生活 6日目 31w1d

入院生活5日目は、なんとか張りも治まり、< /p>

無事終了。

   

そして、入院生活6日目。

   

また試練が待ってました…< /p>

朝の回診で、先生より赤ちゃんが下がってきていると指摘がありました…< /p>

骨盤高位にするようにとの指示がありました。

   

次から次と…< /p>

ため息しか出ません…

   

今回はバスタオル2枚を使用し、骨盤高位に。< /p>

ちょっとの段差なのに、これがまた寝ずらい…< /p>

   

ホントため息…

   

赤ちゃんも頑張ってるから頑張らないと…< /p>

と、わかってるもののため息が出ちゃうものなのです…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

入院生活 4日目 30w6d

昨日に引き続き、張りは治まらず…

まだ緊迫した状態。

痛みもあるため、座薬を入れる事に。

座薬…赤ちゃんの時入れたかもしれないけど、

記憶にある中では初体験。

看護師さんに入れてもらいました…

   

このまま、張りが治まらなければ、

他の病院への転院もあるかもしれないと言われました…weep

   

そもそも、言われた通りに横になって安静にすごしてたのに

こんな状態…

自分でどうにか出来るならしたいけど、

ただ安静にして張りが治まるのを待つばかり…

   

自分を何度も責めたし、どうにもできない悲しみ…

やっぱり入院は辛いです。

   

夕方になり、NSTで張りの確認をし、なんとか一時のひどいお腹の張りが治まってきて、一安心。

なんとか転院はしなくて済みましたdash

   

とにかく火照りのせいで、すごい汗。

汗臭くて耐えきれず、着替えさせてもらい、

気分転換。

   

後は、またひたすら安静にするだけ…

そして、新たに守らないとならない事が増えました。

   

仰向けになるだけでもお腹が張るため、

必ず横向きに足を曲げて眠ること。

   

右向いて疲れたら左向き…

ひたすらこの繰り返し。

夜は体が痛くて目覚めては右、左の繰り返し…

朝方になると痛みの感覚が更に短くなる…

   

辛いです…

仰向けが恋しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

異変が起きる 入院生活 3日目 30w5d

入院2日目は、特に何事もなく無事終了sign03

   

ただウテメリンを内服、点滴した事ある人は

わかると思うんですが、< /p>

副作用で手のふるえ、動悸、火照りがあります。< /p>

私は動悸はない物の、火照りと手のふるえはありました。

火照りのせいで、エアコンの設定温度を提げていたら、< /p>

夫は「この部屋寒いね。」だそうで。< /p>

私はそれでも熱いのに…

   

でもおかげでお腹は順調に柔らかくなり、< /p>

普通の妊婦さんはプニョプニョした感じなんだ〜< /p>

と、今更実感。

   

3日目になると、お腹の張りも順調に治まり、< /p>

ウテメリンの点滴をしないことに。< /p>

これでお腹が張らず、翌日に検診して異常が無ければ退院へhappy01

   

内心、初め2週間て言われたけど、早く退院できるんだ〜happy01< /p>

なんて思ってました。

   

ところが…夕方。< /p>

やたらお腹が張り、気付けばまたカチコチに…

   

様子を見にきた看護士さんに診てもらうと…< /p>

すぐさまウテメリンを投入。< /p>

そこからは、NSTと言う張りの強さなどを測定する機会を付けられ、< /p>

かなり緊迫した様子。

   

私的には、カチコチなんて家でもよくあったし…< /p>

なんてあまり大事に感じてなかったのに、< /p>

実際は大事でした…

   

あれからNSTを付けてたのですが、< /p>

仰向けの状態をキープ。< /p>

妊婦にとって仰向けはかなりキツイ…< /p>

だんだん腰が痛くなり、1時間後にナースコールでギブアップ宣言。

   

今度は微妙に横向にしてもらい続行。< /p>

結局、5時間以上測定する事に…

   

その間夕食が来るものの、横になったまま、< /p>

しかも測定したまま食べるように言われましたが、< /p>

その日の夕食はメインが麻婆豆腐。< /p>

寝たまま食べることが出来ず、< /p>

白米をなんとか口に入れるくらいで終了。< /p>

この時、NSTでは、陣痛並の張りが起こっており、< /p>

ウテメリンは2Aでかなりの速度。< /p>

手のふるえは半端なく、< /p>

火照りでとにかく熱い。

   

看護士さんには、どうしてここまでなるまで< /p>

気付かなかったのか位に言われましたが、< /p>

何度も言いますが、< /p>

私はまだお腹もほとんど出てない時から、< /p>

お腹張ってると言われ、< /p>

普通がわからない状態…< /p>

カチコチしてたし、ちょっとした痛みもたまにあったし…< /p>

と、甘く考えてました…< /p>

看護士さんには、まずはお腹の張りを覚えるようにと言われました…

   

それからは、毎回看護士さんの体調確認の際に、< /p>

自己申告だったのに、一緒にお腹の張りを確認していくようになりました…sweat01sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

切迫早産 入院1日目 30w3d

人生初の入院生活。

入院グッズは、前もって用意しておいた< /p>

甲斐があった様子。

夫は、ホントなら泊まりの出張のハズ

でしたが、なんとか都合をつけて

病院まで付き添ってくれました。

   

私の行っている病院は< /p>

個人病院。< /p>

部屋は一室のみが3人の大部屋で、< /p>

後は、個室と特室。

大部屋は空いてないようで、個室です。

   

すぐパジャマに着替えてベッドへ。

しばらくして、看護士さんがきて、入院の説明などをされ、

早速点滴。

人生初の点滴。

張止めのウテメリンです。

確か最初は1アンプルだったような…

落とす速度もそんなに早くなかったような…

   

それに、抗生物質、鉄の注射。

点滴の針って結構太いんですね…< p/>

私なりに痛かった…

その時の私の顔が凄かったらしく、< /p>

夫には笑われました…(=_=;)

   

そこからは、ただただ横になる生活。< /p>

食事は、据え膳上げ膳で、

座って食べて、トイレ、洗面とそれ以外は< /p>

横になっていないといけない生活です。

   

私は、じっとしてるのが凄く苦手。

夫には、いつも、どうしてそんなに落ち着きがないのかと

呆れられていたくらい。

だから、自宅安静でも

座って裁縫したりとかしてたから、

こうなったんだけど…

   

家にいると、どうしても家事しないとだし、

何かしてないと気が済まない…

仕事中出来なかった細かいところの掃除とか、< /p>

ついついしたくなるし…

自業自得ですsweat01sweat01sweat01sweat01

   

そんな私にとって、

この1日がホントに長く辛かった…

忙しくしている人からすれば、< /p>

どれほど羨ましい話か…

   

さて、改めて私の入院する理由をおさらい。

   

病名 「妊娠30週 切迫早産」

症状 「子宮際滴」

治療計画 「安静と早産予防」

検査内容 「入院は症状が落ち着くまで 約5〜7日間」

   

なんだか早く帰れそうな雰囲気です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

人生初の入院宣告

お久しぶりです。

しばらくお休みしてました。

   

事の発端は、30週の際に行った妊婦検診。

   

赤ちゃんは元気な様子。エコーでも久々に真っ正面。

ただ問題が…

   

子宮口、けいかんには異常がないものの、

お腹が相変わらず張っているとの事。

ここ最近は、自宅安静で、ウテメリンの内服が

朝、昼、夕、晩の4回でした。

   

それから、貧血の問題。

鉄剤を処方されていて、

朝、夕の2回。

更に、頑張って鉄分を摂取してたつもりなのに、結果にでず(x_x;)

   

そこで、先生から思わぬ言葉。

先生 「2週間入院できる?それとも自宅で安静にできる?」と…

一瞬固まり、

私 「安静にできます。」

と答えて診察終了。

   

さて、お会計だと待っていると、遠くから私の名前を呼ぶ声が…

処置室前で看護士さんに呼ばれてました。

そして、お話。

   

看護士 「先生が2週間入院て言うとるんよ。安静度もあがっとるけん。

旦那さんと相談して、入院するかどうか決めてな〜。

で、結果を連絡してな〜。」

   

((((゜д゜;))))

   

入院sign02sign02sign02sign02

私はちょくちょく小さな事で病院に行くけど、< /p>

今まで入院はなかった…

病院を出てすぐに夫に電話。< /p>

相談するまでもなく、先生が言ってるなら入院しろとの事。

と言うことで…

翌朝から入院する事になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

名前

赤ちゃんの性別は女の子ですhappy01

性別がわかってから名前を考えてますが、いまだに決まってません。

いくつか候補があり、

夫が言い出した名前が夫自身お気に入りで

私が反対してました。

   

でも最近いいかな〜

   

なんてその気になりだしたんで、姓名判断を見てみる事に。

でもその名前だと良くないんです。

   

ちなみに夫の名前はとてもいいんです。

なのに私は悪いんです。

結婚前に自滅になるから良くないと言われてたんですけど…ね…

それだけで結婚やめるほど自分見失ってないんで(^^;)

   

まー女の子だから結婚できたら変わるけど…

一応、あまりそういうのを信じない夫に結果を告げると…

 夫 「良くないってわかってるならつけたくないね〜。

    残念だけど他にしよう。」

と、いがいな返答。

   

と、なるとなんだかますます私の姓名判断の結果の悪さに

なんだかムカッときます
(●`ε´●)

   

自分がいいからってーsign03

まだまだ名前決まらないようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

スリング作成

今回はスリングを作りました。

実は、友達の出産の際にも2度作ってるので、

今回で3度目です。

   

cutecute

41hmebni9l__sl160_aa115_

雄鶏社 ふじわらよしこ 

赤ちゃんとママのハッピースタイル!スリングで抱っこ。

yen1,000-

   

cute材料cute   

Ssc_0025

リングとキルト芯。

前回の残りで十分のため、今回は購入してません。

Ssc_0024

今回の布は両面で柄が違う布にしました。

   

このスリングを作るのに一番の難関が、

肩の部分で、キルト芯を入れて縫う部分。

ここの厚みがハンパないため、

私のミシンだと、ほんとギリギリと言うか、強引。

作ろうと思う人は、厚手のものを縫えるミシンがいいと思います。

   

cute完成品cute

Surinng

   

Pokett

ポケット部分。

百均で以前購入したレースを付けてみました。

   

Fukuro

スリングを入れる袋。

   

他の抱っこひもを買う予定もあったんですが、

とりあえずスリングを使ってみてから購入を考えようと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

入院バッグの準備

出産に向け、入院時の荷物を用意しました。

   

私の場合、お腹が張るので、

張り止めの処方に、

安静にするように言われています。

=予定日よりも早く産まれる可能性がある。

という事です。

   

もともとせっかちな性格なうえ、

この状況なので、全て早めです。

   

それでも、お腹の張りについては、

あんまり気にせずにいたんですけど、今は30週。

最低でも35週まではお腹にいてもらいたい。

なので、あと1ヶ月はとにかく安静。

お腹がはったら、とにかく横になるようにとの事。

張り止めを飲んで、3時間たてば、

また飲んでも平気なので、

とにかくお腹がはったら薬も飲むようにとの事です。

   

今まで以上にお腹の張りに注意して生活しないとです。

おかげ様で、横になっては、お昼寝をしてしまう日々・・・

   

仕事も辞めて、ようやくマタニティビクスやヨガに

参加しようと思ってたのに、

安静のため、参加できそうにありません・・・。

とっても残念です。

マタニティヨガのDVDも買ったけど、

結局活用できてませんdespair

   

という事で、おうちで静かに、

またまたスタイを作りました。

Sutai

今回はバンダナ風です。

ちなみに、リバーシブル。

   

Sutai2

やっぱり、もともと黒の服が多いため、黒です・・・

   

次は、スリングです。

お楽しみに~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

父親学級

父親学級に行ってきました。

土曜日の夕方なんですけど、

初めは他に誰もいなくてどうなるかと思ったんですけど、

もう1組きたので、ちょっとホッとしましたcoldsweats01

   

内容は、ビデオ鑑賞、

テキストによる出産の際の旦那さんの役割、

院内案内。

   

また、このビデオが年代物。

女性の前髪がカーラー命sign01といった感じ。

   

助産師さんからは、

体重の増加には十分気を付けるようにとの話がありました。

体重については、夫に報告していたものの、

これで、更に甘いものを食べさせてもらえなくなりそうです。

   

さて、家の夫は、1週間に1日から2日は泊まりがあります。

なるべく予定日が近づいたら、

泊まらないで欲しいとお願いしてたのですが、

イマイチ伝わっていなかった様子。

   

でも、今回の教室に出て、自分の役割を理解したのか、

なるべく泊まらないようにしたいと言ってくれました。

仕事にかかわるので、なんとも言えませんが・・・

   

予定日は5月12日。

できれば、ゴールデンウィークとかぶってくれたら、

ベストなんですけど・・・

どうなるでしょう・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

トイレで叫ぶ

dangerお食事中の方はご遠慮くださいdanger

   

   

   

先日、悲しいですが、カンジダが発覚し、

病院で薬にて処置されました。

              (過去記事 出血・・・ へ)

   

あれだけ、特にかゆみも感じていなかったのに、

発覚してからは、なんだかかゆい・・・

神経がそっちに行くからか、なんとも単純です。

   

そして、薬を投入され2日後・・・

   

トイレに行ってひとり叫びました。

 (もちろん自分ちで)

今まで見た事のない大量のおりもの・・・・

(@Д@;

   

そう言えば、先生が

 「ヨーグルトのようなおりものがでるから。」

と、言ってました。

   

私・・・

こんなになるまで気付かなかったなんて・・・

また反省です。

   

まあ、先生の言った通りの流れになっているようです。

   

あの後からは、おりものも徐々に減ってます。

スゴイ状況でしたが、

快方に向かっている様子。

次の健診を待ちたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »